1. TOP
  2. 身長コラム
  3. アルギニンを多く含む食品や食べ物は?サプリで子供の身長が伸びる?

アルギニンを多く含む食品や食べ物は?サプリで子供の身長が伸びる?

アルギニンを多く含む食品や食べ物

子供の身長を伸ばすには、アルギニンを摂取すべきだと言われていますが、実際にどのような効果があるのでしょうか。

 

アルギニンを多く含む食品や食べ物を紹介しながら、アルギニンの特徴や性質を解説します。

 

アルギニンサプリで子供の身長が伸びるのかという疑問にも答えつつ、子供に必要な理由をわかりやすく解説しますね。

アルギニンが子供に必要な理由とは?

アルギニンはタンパク質を構成する20種類もあるアミノ酸の一種。

 

アミノ酸は9種類の必須アミノ酸と、11種類の非必須アミノ酸に分類されますが、アルギニンは大人は非必須アミノ酸、子供は必須アミノ酸という変わった性質を持っています。

 

そのため準必須アミノ酸や条件付きのアミノ酸と呼ばれている特殊なものだと理解しましょう。

 

子供の身体の成長に必要なのに、身体が成熟しないと十分に分泌することができないので、普段の食事で摂取する必要があるということ。

 

アルギニンにどのような作用があるのか?

 

準必須アミノ酸のアルギニンを摂取することで得られる作用のなかでも、特に子供に大切なことを紹介すると・・・。

アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進する

これが子供の成長に最も重要な作用で、アルギニンの摂取量を増やすことをおすすめする理由のひとつ。

 

成長期に身長が急激に伸びるのは、成長ホルモンの分泌量が増え、その刺激で骨を伸ばすメカニズムが作用するから。

 

成長ホルモンの分泌を促進する作用があるアルギニンですから、成長期以外でも摂取したい栄養素ですよね。

 

ちなみに成長ホルモンは骨を伸ばす以外にもあって、

 

  • 病気に強い体作りをサポート
  • 傷の回復をスムーズにする作用
  • 食欲抑制作用で太りにくくなる
  • 脂肪の代謝をスムーズにする作用
  • 筋肉を強化する作用

 

健康で丈夫なお子様に成長させるためにも、しっかり摂取したい栄養素だと考えられています。

 

こういった性質があることが、子供向けの身長サプリメントや成長サプリメントなどに多く配合されている理由です。

 

アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進する作用以外にも、様々な健康効果が期待されていますので、その点についても紹介すると・・・

アルギニンの持つ様々な健康作用とは?

アルギニンの持つ健康作用には、

 

  • 免疫力のアップ
  • 疲労回復をサポート
  • 生活習慣病の予防
  • 肌の角質層の保湿による美肌効果

 

ここまで健康や美容に役立つと言われているアルギニンですが、実際にどのくらいの摂取量を取り続ける必要があるのでしょうか?

アルギニンの推奨摂取量とは?

毎日どれだけ大量のアルギニンを摂取すべきなのか?

 

これを知る簡単な方法は、「日本人の食事摂取基準(2015年版)」をチェックすること。

 

日本人の食事摂取基準(2015年版)には、様々な栄養素の推奨摂取量が明記されており、ここを確認することで簡単にチェックすることができます。

 

厚生労働省が推奨するアルギニンの摂取量は明記されておらず、国としてもどこまで大量に摂取すべきなのかという指針は設定されていません。

 

ただ一般的に言われているアルギニンの推奨摂取量は1日2〜4g程度ですので、身長を伸ばしたい子供には、4gくらいは摂取させてあげたいところ。

 

アルギニンは強アルカリ性の性質があるので、過剰摂取が続くと、胃炎や胃痛、下痢や軟便など胃腸器系の不調を引き起こしますので、過剰摂取には注意してください。

 

20gを超えて摂取すると過剰摂取だと言われており、副作用が出ると考えられていますが、普段の食事だけでそこまで大量にアルギニンを摂取することはないでしょう。

 

アルギニンサプリメントを服用させる際には、過剰摂取にならないように注意してくださいね。

アルギニンを多く含む食品や食べ物は?

成長ホルモンの分泌量アップを目指して、ぜひ今日からアルギニンの摂取量も意識してあげてください。

 

実際にどのような食材にアルギニンが多く含まれているのか?

 

これを知っていれば、普段の献立やメニューも変わり、より身長を効率的に伸ばすことができるはず。

 

アルギニンを多く含む食品の中でも、最も大量にアルギニンを摂取できるのが豚ゼラチンです。

 

豚ゼラチンとは、豚足をイメージしてください。

 

あのプルプルのゼラチン質の中には、100gあたり7.9gものアルギニンが含まれており、アルギニンを食品から摂取させる際には、絶対に外したくない食材です。

 

でも小学生や中学生で、豚足を好んで食べる子供も少ないですし、調理する方も豚足は少し躊躇してしまいますよね。

 

もう少し食べやすい食品で、アルギニンを多く含むものを紹介すると・・・。

 

食品名 アルギニン含有量
干し湯葉 4.5g
高野豆腐 4g
かつお節 4g
きなこ 3g
そら豆 2.5g
しらす干し 2.5g
すじこ 2g
車海老 2g
鶏むね肉 1.5g
鶏ひき肉 1.5g
豚ロース 1.5g
ヤギ 1.5g
卵黄 1.2g
納豆1パック 0.4g

 

これらはそれぞれの食品や食材の100gあたりのアルギニンの摂取量ですので、かなりばらつきがあり、豚ゼラチンと比べると少ないことがわかりますよね。

 

かつお節を100gも食べるのは大変ですが、高野豆腐なら100gくらい食べられるのでは?と思うかもしれません。

 

しかし100gの高野豆腐って、普通に買う1袋分です。

 

普通はそれを家族で分け合って食べますし、1日では消費しきれないこともありますよね。

 

それを子供一人に食べさせるのは、いくらアルギニンを大量に摂取できるからといっても、非常に酷な話です。

 

納豆に換算すると、4gのアルギニンを摂取するためには、毎日10パック必要ですし、卵黄の場合は、5つ食べても1.2gしか摂取できません。

 

同じものばかりそれだけ大量に食べさせたら、間違いなく1日で飽きてしまいますし、二度と食べなくなってしまうかもしれません。

 

ではどのように考えてあげると、普段の食事でアルギニンをしっかり摂取できるのでしょうか?

アルギニンを多く含む食品や食べ物を組み合わせて考えよう!

食品や食材への含有量が少ないアルギニンですので、ひとつの食品に頼るような摂取方法は避けるべきです。

 

様々な食品や食材を組み合わせて、アルギニンを摂取することで、摂取量自体を増やしながら、栄養バランスも整えてあげることが基本。

 

朝ごはんに納豆卵かけご飯を食べ、お昼ごはんは牛肉や豚肉、おやつにアーモンドやピーナッツ、夜ご飯は鶏のから揚げやお豆腐など。

 

甲殻類を中心とする魚介類にもアルギニンが多く含まれていますし、マグロもおすすめの食材。

 

マグロにはアルギニンの吸収率を高めてくれるビタミンB6も含まれていますので、手巻き寿司やお刺身なども活用してください。

 

肉類ばかりに偏ってしまうと、脂質やカロリーの過剰摂取に繋がり、肥満やぽっちゃり体型のきっかけになりますので、注意してくださいね。

 

肉類でもカロリーの低い鶏もも肉、100gあたり1.5gものアルギニンを含んでいますので、スーパーなどでパック売りされている1枚が250g前後ですよね。

 

チキンステーキを1枚食べると3.75gのアルギニンを摂取できますので、ここに目玉焼きをつければ、これでほぼ4gのアルギニンを摂取することができます。

 

中学生くらいになれば、子供はこれくらいペロッと食べてしまうと思いますので、ヘルシーかつ手抜きで調理できるので、チキンステーキはおすすめかもしれませんね。

 

そうは言われても、毎日の食事でアルギニンを多く含む食材だけを選ぶのも大変だし、サプリメントにも大量に含有されている商品もあるので、そういうものを活用したいと考えるお母さんもいらっしゃるでしょう。

 

アルギニンサプリメントを買おうと思っているのなら、ここから先に書かれていることは絶対に読んでください。

子供の身長に対するアルギニンサプリメントの本当の効果は?

毎日に食事でアルギニンを摂取するよりも、サプリメントで手軽に摂取したい。

 

そう考えるお母さんもいらっしゃると思いますし、すでにアルギニンサプリメントを飲ませている人もいらっしゃるでしょう。

 

正直に言うと、サプリメントでアルギニンを摂取しても、成長ホルモンの分泌促進効果は実感できません。

 

残念ながら1万円もするような商品を買っても、アルギニンをサプリメントで摂取することは、あまり意味がなかったんです。

 

これは私が適当なことを言っているのではなく、日本小児内分泌学会という医師団体が公式見解として発表していること。

 

サプリメントとして販売されているアルギニン入の商品は、200mg~2gを摂取できるものです。

低身長治療で行う成長ホルモン分泌刺激試験では、体重1kgあたり0.5gものアルギニンを30分間で直接血管内に点滴で投与する必要があります。

30kgの体重の子供であれば15gもの大量のアルギニンを投与して、血中アルギニン濃度を異常に高めることが必要です。

内服タイプのサプリメントの服用では、血中アルギニン濃度が十分に上昇せず、成長ホルモンの分泌促進効果を実感できるとは考えられません。

参照:日本小児内分泌学会

 

この公式見解には続きがあり、サプリメントで成長ホルモンの分泌量が促進された場合でも、身長が有意に伸びなかったという研究データもあるそうです。

 

これらのことから、サプリメントに含まれるアルギニンの効果だけで、お子様の身長を伸ばすことができると考えない方が良いでしょう。

 

ちなみに低身長治療の際に使われるの方法も簡単に紹介すると・・・

子供の低身長の改善に効果的なのは成長ホルモン製剤!

先ほど専門家の意見を引用した部分にあった「成長ホルモン分泌刺激試験」とは、成長ホルモンをしっかり分泌することができるかを行う検査。

 

この検査には5種類の製剤があり、いくつかの試薬を使用することで、お子様の成長が遅れている原因が成長ホルモンの分泌量なのかを確認するもの。

 

アルギニンだけで成長ホルモンの分泌量が決まるということではありません。

 

成長ホルモン分泌刺激試験の結果で、成長ホルモンの分泌量に問題があった場合に、実際に治療に使用するのは医療用の成長ホルモン製剤です。

 

成長ホルモン製剤を自分で注射して体内に摂取する必要があります。

 

ここでも経口摂取ではありませんし、実際の治療にアルギニンを使用するわけでもありません。

 

本当に重要なのでもう一度いいますが、医療現場でも効果があるのは、成長ホルモン製剤を直接注射する方法だけです。

 

それ以外の方法で子供の身長を効率的に伸ばすことができないので、この点を理解していれば、アルギニンサプリメントだけの効果で身長を伸ばそうと思うのは間違いだということがわかりますよね。

 

しかもサプリメントのアルギニンと医療用のアルギニン製剤では、その濃度も性質も全く異なるレベルですので、アルギニンに頼りすぎるのは止めましょう。

アルギニンを多く含む食品や食べ物の記事まとめ

アルギニンは身長を伸ばしたい子供にとって、非常に大切な栄養素だということがわかりましたね。

 

普段の食事でアルギニンを効率的に摂取しながら、その他の栄養素もしっかり補給する。

 

簡単にはできないことかもしれませんが、成長ホルモンの分泌量を増やし、その質を向上させれば、自然と子供の背は高くなる環境が整うでしょう。

 

アルギニンは子供にとっては準必須アミノ酸ですので、しっかり普段の食事で摂取できるように献立やメニューを考えてあげてください。

 

これだけを食べれば背が伸びるという食べ物はありませんので、様々な食品から栄養補給を行うか、良質なタンパク質や栄養素をバランスよく摂取できるサプリメントを活用する。

 

それぞれのアミノ酸をバランスよく摂取することも、非常に大切なことですので、栄養バランスも考えてあげてくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

子供の身長を伸ばすサプリメントランキング!効果・口コミで徹底比較の注目記事を受け取ろう

アルギニンを多く含む食品や食べ物

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

子供の身長を伸ばすサプリメントランキング!効果・口コミで徹底比較の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 少食を治す方法は?子供の食欲がない原因から考える対策や改善法は?

  • 睡眠不足が低身長の原因?子供の早熟化や思春期早発症が問題!

  • 兄弟が増えるほど下の子供の身長が低くなる原因と対策は?

  • 快食快便も子供の身長を伸ばすためには必要、食べたら出すは基本。

  • 筋トレをすると子供の背が伸びない噂は本当なのか?

  • ぶら下がり健康器で身長伸びたは間違いで効果なしの方法だった!