1. TOP
  2. 背が伸びる方法
  3. 男子高校生が身長を伸ばす方法を解説│グングン背が伸びる?

男子高校生が身長を伸ばす方法を解説│グングン背が伸びる?

男子高校生の身長を伸ばす方法

1cmでも2cmでも身長を伸ばしたいと考えている男子高校生必見の、身長を伸ばす方法を徹底解説します。

 

成長期の最後でほぼ身長の伸びが鈍化したり、身長が止まってしまう男子高校生の時期にも、しっかり身長を伸ばす方法があるのでしょうか。

 

骨端線さえ残っていれば、男子高校生でグングン背が伸びる方法、背が高くなる理由を医学的な見地から紹介しますので、子育ての参考にしてください。

男子高校生は一般的に背が伸びる最後のチャンス!

まず最初に知っておきたいことは、男の子にとって男子高校生という時期は、背が伸びる最後のチャンスだということ。

 

一般的に男の子の骨端線が閉鎖して、身長が伸びる仕組みがなくなるのは17〜18歳だと言われています。

 

この時期に身長を伸ばすことができなければ、将来的にも今の身長で止まってしまい、これ以上、背が高くなることがないことは理解しましょう。

 

男子高校生でも3年生よりも2年生、2年生よりも1年生の方が身長を伸ばすことができる可能性が高いので、少しでも早い時期に真剣に考えてあげることが大切です。

 

骨端線が閉鎖してしまえば、男子高校生でも身長を伸ばすことができなくなりますので、不安な場合は、骨端線のチェックを先に行うことも必要かもしれません。

 

骨端線は手のレントゲン写真を撮れば、どんな状態なのか?まだ閉鎖していないのか、すでに閉鎖してしまっているのかが明確になります。

 

骨端線が残っていればまだまだ身長を伸ばすことができますので、これから紹介することを実践すれば大丈夫。

 

実際にどんな方法が男子高校生の身長を伸ばすことに繋がるのか、その方法を解説する前に、男子高校生の平均身長を紹介しておきますね。

男子高校生(1年生・15歳)の月別平均身長のデータ

高校1年、15歳 平均身長
0ヶ月 167.1cm
1ヶ月 167.3cm
2ヶ月 167.6cm
3ヶ月 167.8cm
4ヶ月 168.1cm
5ヶ月 168.3cm
6ヶ月 168.6cm
7ヶ月 168.7cm
8ヶ月 168.9cm
9ヶ月 169.0cm
10ヶ月 169.1cm
11ヶ月 169.2cm

男子高校生(2年生・16歳)の月別平均身長のデータ

高校2年、16歳 平均身長
0ヶ月 169.4cm
1ヶ月 169.5cm
2ヶ月 169.6cm
3ヶ月 169.7cm
4ヶ月 169.9cm
5ヶ月 170.0cm
6ヶ月 170.1cm
7ヶ月 170.2cm
8ヶ月 170.2cm
9ヶ月 170.3cm
10ヶ月 170.3cm
11ヶ月 170.4cm

男子高校生(3年生・17歳)の月別平均身長のデータ

高校3年、17歳 平均身長
0ヶ月 170.5cm
1ヶ月 170.5cm
2ヶ月 170.6cm
3ヶ月 170.6cm
4ヶ月 170.7cm
5ヶ月 170.7cm
6ヶ月 170.8cm
7ヶ月 170.8cm
8ヶ月 170.8cm
9ヶ月 170.8cm
10ヶ月 170.8cm
11ヶ月 170.8cm

男子高校生が身長を伸ばすために大切なことは?

男子高校生が身長を伸ばす方法、背が伸びる方法は
男子高校生の3年間で伸びる身長は、平均身長のデータからみれば3.7cmしかありません。

 

5cmでも伸なすことができれば、平均的な成長よりも優れた状態だったということですが、実際には7〜8cm伸ばせる人もいますし、晩成型なら高校生で10cm以上も伸びます。

 

周りの友達よりも男子高校生の3年間で身長の伸び幅が優れていた人は、どのようなことを実践していたのでしょうか。

 

男子高校生でグングン背が伸びるために必要な要素は、

 

  • 成長ホルモンの分泌量を増やす
  • 成長に必要な栄養素を補給する
  • 運動で骨の骨端線に刺激を与える
  • ストレッチで骨の歪みを矯正する
  • できるだけリラックス状態で過ごす

 

この5つのポイントをしっかり抑えつつ、あなたに不足しているものを追加してあげることで、男子高校生の3年間でも身長を伸ばすことができるでしょう。

 

逆にこれらのポイントを度外視した生活習慣で過ごしていれば、平均的な伸びの3.7cmを得ることができずに、中学生の身長のまま止まってしまうこともあります。

 

そうならないためにも、どのように注意すべきなのか?具体的な方法を交えて、男子高校生の身長を伸ばす方法を解説していきますね。

【成長ホルモン編】男子高校生が身長を伸ばす方法

成長期の後半に差し掛かっている男子高校生でも、成長ホルモンの分泌量が骨の成長に役立ち、身長を伸ばす要素であることは変わりません。

 

特にこの時期は成長ホルモンの分泌量よりも、性ホルモンの分泌量が増えることで、どんどん骨の骨化が進み、骨端線が閉鎖してしまいますので注意が必要です。

 

骨端線が完全に閉鎖して大人の骨と同じ様に骨化してしまえば、2度と自然に身長を伸ばすことができなくなりますので、その前にどれだけ伸ばせるのかが非常に大切。

 

成長ホルモンの分泌量を増やす方法として、

 

  • 睡眠の質を向上させる
  • 睡眠時間を確保する
  • アルギニンを多く含む食品を食べる
  • 良質なタンパク質を摂取する
  • 1日3食、しっかり食べる
  • 定期的に運動を行う

 

一般的な成長ホルモンの分泌タイミングは、1日5回程度あると考えられており、朝食後、昼食後、夕食後、運動後、就寝時。

 

この5回のタイミングで少しでも大量に成長ホルモンを分泌できるようにすることを意識しましょう。

 

最も大量に分泌される就寝時、特に睡眠直後の3時間に熟睡することが大切ですので、暗く静かな部屋で寝ること、就寝3時間前には夕食を食べ終えておくことを意識しましょう。

 

胃の中に食事が残っていると、寝ていてもその消化や吸収のために脳が使われ、熟睡できないだけではなく、空腹時に分泌されるグレリンがでなくなります。

 

胃の中でグレリンが分泌されることで、成長ホルモンの分泌を促進する効果がありますので、夕食の時間と何を食べるのかも大切。

 

消化吸収に時間がかかるようなものを食べたり、腹八分を超えて、夕食を食べ過ぎるのは注意しましょう。

【栄養補給編】男子高校生が身長を伸ばす方法

成長ホルモンが分泌されても、骨の成長に必要な栄養補給ができていなければ、骨が伸びることも、身長が高くなることもありません。

 

成長ホルモンの分泌量を増やしたら、今度は骨の成長に必要な、タンパク質・カルシウム・マグネシウム・亜鉛・ビタミンD・ビタミンKを摂取することも大切。

 

タンパク質を構成するアミノ酸を原料にして、体内でコラーゲンが合成され、コラーゲンが骨端線の軟骨細胞部分で、骨の骨格を形成することをきっかけに骨が伸びます。

 

コラーゲンが骨の骨格を作り、そこにカルシウムやマグネシウムが吸着することで、健康で丈夫な骨へと成長していきます。

 

タンパク質が不足している状態で、カルシウムばかりを摂取しても、骨が伸びることはなく、骨密度だけが上昇していくという状態に。

 

これでは身長を伸ばすことができませんので、良質なタンパク質をしっかり普段の食事で摂取することを意識してください。

 

タンパク質には、肉類や魚介類などの動物性タンパク質だけではなく、大豆製品やナッツ類などの植物性タンパク質もあり、これらはバランス良く摂取する必要があります。

 

動物性タンパク質ばかり摂取していると血液が酸性に傾いてしまい、動脈硬化や糖尿病、がんなどの発病率が高まるという報告もありますので、アルカリ性の植物性タンパク質で中和することも大切。

 

植物性タンパク質は脂肪分もカロリーも少なく、過剰摂取が続いても死亡リスクが高まることもありませんので、しっかり組み合わせて食べさせるようにしましょう。

 

身長を伸ばすための栄養補給は、カルシウム中心の人が多いので、タンパク質を中心にして、栄養バランスに優れた食事をたべるように変えてくださいね。

【運動編】男子高校生が身長を伸ばす方法

男子高校生が運動を定期的に行うことは、骨の成長に対して直接的な影響を与えますので、定期的な運動習慣は非常に大切なこと。

 

運動をすることで、運動開始後15分後〜運動終了後3時間後まで微量ですが、成長ホルモンが分泌されます。

 

男子高校生にとっては微量でも積み重ねによる成長ホルモンの総量を増やすことが大切ですので、ここは重要なポイントです。

 

さらに運動による骨への刺激が、骨密度の細胞分裂を活性化して、骨の成長をサポートしてくれますので、ここも外せないポイント。

 

昔から縦方向の刺激が骨の成長に必要で、ジャンプをすれば骨が伸びやすくなり、縄跳びがよいといわれていますが、あれは少し間違えています。

 

確かに縦方向のジャンプを伴う刺激は、骨端線の細胞分裂に役立ちますが、同じ刺激が続く縄跳びでは、骨端線がその刺激に慣れてしまい、骨を効率的に伸ばすことはできません。

 

身長を伸ばしたい男子高校生が運動時に意識すべきことは、ダッシュ・ジャンプ・急に止まる・・・など様々な動きを組み合わせて行うこと。

 

バスケットボールやバレーボール選手が背が高いのは、自然とこれらの動きを組み合わせた練習を普段から行っているから。

 

さらに運動を行ったり、身体を動かすことは、ストレス発散とダイエット効果もあり、これも非常に大切なことです。

 

慢性的なストレス過多状態では、成長ホルモンの分泌量が低下しますし、肥満体型やぽっちゃり体型では、早熟化が進行しあっという間に骨端線が閉鎖してしまいます。

 

定期的な運動習慣があれば、運動不足によりデメリットも解消することができますので、男子高校生の3年間での身長の伸びにも良い影響を与えてくれるでしょう。

【ストレッチ編】男子高校生が身長を伸ばす方法

毎日5分から10分間だけで自宅で簡単にできるストレッチを追加することでも、男子高校生の身長の伸びを効率化できます。

 

ここでおすすめしたいのは、お風呂上がりのストレッチと寝起きのストレッチ(伸び)です。

 

お風呂上がりにストレッチを行うことで、心身ともにリラックス状態になり、就寝時に分泌される成長ホルモンの分泌量や質をアップさせることができます。

 

できる範囲のストレッチでよいので、TVを見ながらでも良いので、身体を動かすようにしましょう。

 

そうすることで歪んだ姿勢を整えて、新陳代謝も高めてくれますので、就寝時に全身に栄養や酸素が行き渡り、老廃物の排出をサポートしてくれます。

 

寝起きのストレッチも非常に大切で、就寝時に詰まった椎間板や骨格の歪みを矯正するイメージのものが良いでしょう。

 

ベッドに座って5〜10分、天井に伸ばした手を付けるイメージで伸びを行うだけでOKです。

 

この際にそれぞれの骨を引き剥がすようなイメージで行うと、良いと言われていますし、それを日課にしたことで、大学生でも身長が伸びたスポーツ選手もいます。

 

ストレッチは1日2日で効果が出るものではなく、骨格の歪みを矯正することで、身長を伸ばす仕組みをしっかり機能させるためのものですので、継続が大切ですよ。

【リラックス編】男子高校生が身長を伸ばす方法

ストレッチもそうですが、リラックスすることが成長ホルモンの分泌には非常に大切です。

 

リラックス方法としては、

 

  • ストレッチや運動を行う
  • 半身浴やぬるま湯に15分浸かる
  • 好きな音楽や映画を見る
  • 好きなことや趣味に没頭する
  • 海や山など非日常を体験する

 

様々な方法がありますので、あなたに合った方法を実践してください。

 

子供も大人も慢性的なストレス過多で、精神的にも肉体的にも参ってしまうと健康を害しますし、成長ホルモンの分泌量も減りますし、良いことは一切ありません。

 

小学生だと親からの愛情不足が原因で、成長ホルモンの分泌量に悪影響が出て、身長が伸びなくなってしまうこともあります。

 

家族団らんの食事を週に2〜3回、全員で食卓を囲むだけでも精神的なストレスが発散できたり、愛情を確認できることがわかっていますので、家庭の愛に飢えるような状況は改善しましょう。

男子高校生の身長を伸ばす方法の記事まとめ

ここまで紹介した内容をチェックすると、これだけを行えば身長が確実に伸びるという方法がないことに気づくかもしれません。

 

子供の成長度合いには個人差があり、身長が伸びない原因も人それぞれですので、お子様に不足していることを考えて、実践してあげることが大切。

 

特に男子高校生にもなると、本人の意思がないと身長を効率的に伸ばすことも難しいですし、なかなか簡単に伸びるというわけでもありません。

 

今回紹介した5つの方法の中でも、お母さん中心でできるのが栄養補給の部分。

 

しかもここ数年の日本人の平均身長の伸び悩みは、良質なタンパク質を普段の食事でしっかり摂取できていないことが原因のひとつだと言われています。

 

日本人の平均的なタンパク質摂取量は、

 

  • 1950年:68.0g
  • 1994年:79.7g
  • 2015年:69.1g

 

だと言われており、1950年から1994年ごろまでに日本人の平均身長は、男子も女子も約10cm伸びています。

 

普段の食事で良質なタンパク質をしっかり摂取できていないことが、ここまで明確になっており、骨の成長や身長を伸ばす際のタンパク質の重要性はこの記事でも紹介したとおり。

 

普段の食事で良質なタンパク質を摂取できないのであれば、サプリメントなどもうまく活用することで、栄養補給を徹底してあげることも身長を伸ばす方法のひとつでしょう。

 

追クリがおすすめする男子高校生に人気No1の背が伸びるサプリメントは、成長期の10代専用のカラダアルファ(α)。

 

カラダアルファ(α)なら、実際に摂取できる栄養素の約54%が植物性タンパク質なので、男子高校生に不足しがちな良質なタンパク質の補給に役立ちますよ。

 

骨の成長に必要な栄養素の6種類も全て摂取できますし、50種類以上栄養素をバランス良く含有している栄養豊富なスピルリナを原材料の4割も使用していますので、栄養バランスの底上げにもおすすめ。

 

カラダアルファ(α)の愛飲者の中には、止まった身長が伸びた人や、身長の伸び方が改善した人など、栄養不足をきっかけに伸び悩んでいた状態が改善された人が多数います。

 

ただカラダアルファ(α)はあくまでも身長サプリメントなので、それだけの効果で身長を伸ばそうと思うのは間違いです。

 

普段の食事に合わせて身長サプリメントを活用してあげることを基本に、男子高校生の栄養面のサポートを行ってあげてください。

 

栄養豊富なサプリメントを活用することで、成長+健康維持にも役立ちますので、総合的なことも考えてあげると良いと思いますよ。

\ SNSでシェアしよう! /

子供の身長を伸ばすサプリメントランキング!効果・口コミで徹底比較の注目記事を受け取ろう

男子高校生の身長を伸ばす方法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

子供の身長を伸ばすサプリメントランキング!効果・口コミで徹底比較の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 夏休みに身長を伸ばす方法は?【小学生・中学生必見】

  • 中学生女子が身長を伸ばす方法│目指せモデル体型

  • 食事と身長│朝食の重要性を理解して成長に役立てよう!

  • 亜鉛不足で身長が伸びない?体の成長に与える影響や摂取量は?

  • 成長ホルモンの分泌量を増やす規則正しい生活リズムとは?

  • 20歳以上の大人でも身長が伸びる方法や可能性を徹底検証!