1. TOP
  2. 背が伸びる方法
  3. 成長ホルモンの分泌量を増やす規則正しい生活リズムとは?

成長ホルモンの分泌量を増やす規則正しい生活リズムとは?

成長ホルモンの分泌量を増やす規則正しい生活リズムとは?

成長ホルモンの分泌量を増やすためには、普段から規則正しい生活リズムで過ごす必要があることを知っていますか。

 

規則正しい生活リズムや生活習慣がどのような理由で成長ホルモンの分泌量に良い影響を与えるのかを解説します。

 

成長期の身長の伸びを最大化させるためにも、成長期の身長の伸び悩みを回避するためにも、成長ホルモンが分泌される仕組みを理解しておきましょう。

成長ホルモンが分泌される規則正しい生活習慣とは?

成長ホルモンの分泌量を増やすためにも、規則正しい生活習慣や生活リズムで過ごすことが大切ですが、なぜ重要なのかを知っていますか。

 

規則正しい生活習慣で過ごすことは、言い換えると一定の生活リズムで過ごすこと。

 

生活リズムが整うことで、心身のバランスが整った非常に良い状態になりますし、その良い状態を維持することができます。

 

生活リズムが整うことで生体リズムも整い、それが成長ホルモンの分泌時に非常に重要な役割を果たします。

 

成長ホルモンが分泌されるタイミングは、朝食後・昼食後・夕食後・運動後・睡眠時という5つのタイミングですので、これが一定のリズムで繰り返されることは本当に大切なこと。

 

食事・運動・睡眠が成長ホルモンの分泌量に大きく関わっているというのは、成長ホルモンが分泌されるタイミングだからなんです。

成長ホルモンの分泌に重要な就寝中のリズムを整える方法は?

1日5回ある成長ホルモンが分泌されるタイミングの中でも、最も大切なのが睡眠時に分泌される成長ホルモン。

 

なぜ睡眠時の成長ホルモンが重要なのかといえば、最も大量に分泌されるタイミングであり、就寝中には細胞の回復や再生も行われるから。

 

睡眠時には成長ホルモンのゴールデンタイム(22時〜2時)に寝ると、大量に質の良い成長ホルモンが分泌されるという噂がありましたが、最新の研究では間違った事実だということがわかっています。

 

成長ホルモンが最も分泌されるのが、就寝後2回の睡眠サイクルのタイミングなので、就寝直後の3時間。

 

このタイミングでどれだけ質の高い睡眠を得ることができるのか、それが成長ホルモンの分泌量にとって最も大切なこと。

 

睡眠中のリズムを整える方法としては、日中の生活リズムを整えることが重要だと言われており、朝食抜きや寝る時間がバラバラだと、睡眠中のリズムも乱れて成長ホルモンの分泌量にも悪影響を与えます。

 

日中の生活リズムは意識的に改善できるものですが、睡眠中のリズムは意識的に改善できないので、日中の生活リズムを整えてその良い流れで睡眠中も過ごすことが大切です。

 

睡眠時間を決めることで成長ホルモンの分泌量が変わる

睡眠時間が短いよりも、睡眠時間が長い方が子供の成長が促進されることはわかっていると思いますが、やることを優先すると、つい睡眠不足になってしまいますよね。

 

成長ホルモンの分泌量は最初の3時間の睡眠の質が影響するとお伝えしましたが、研究の結果として6時間未満の睡眠時間が続くと、脳がストレス状態になり成長ホルモンの分泌量が減少することがわかっています。

 

最低でも6時間以上の睡眠時間を確保することは基本。

 

さらに何時に寝て何時に起きるのかは、できるだけ明確に決めてそのルーチンを崩さないようにしましょう。

 

例えば8時間の睡眠時間を確保できるなら、23時に寝て7時に起きるよりも、22時に寝て6時に起きた方が成長ホルモンの分泌という意味ではメリットがあります。

 

8時間の睡眠時間を確保できても、毎日寝る時間がバラバラだと成長ホルモンを効率的に分泌することができませんので、できるだけ規則正しい時間に寝るようにしましょう。

 

また起床直後に朝陽をしっかり浴びることで体内時計をリセットすれば、その14時間後に睡眠ホルモンのメラトニンが分泌されて、自然と眠くなりますのでこれもおすすめです。

 

午前中に太陽の光を浴びることは、メラトニンの分泌量にも良い影響を与えますし、ビタミンDの合成にもメリットがありますので、しっかり実践するようにしましょう。

規則正しい生活習慣が成長ホルモンを増やすの記事まとめ

このように規則正しい生活習慣ですごすことは、睡眠中のリズムも整えて成長ホルモンの分泌量がを増やす意味では非常にメリットのあること。

 

成長ホルモンの分泌量が成長期の身長の伸びを決定しますので、少しでも大量の成長ホルモンを分泌することが大切です。

 

不規則な生活習慣や睡眠習慣で過ごしていると、成長ホルモンの分泌量が抑制され、成長期の急激な身長の伸びが起こりにくくなることもあるでしょう。

 

将来的に後悔しても、成長期が終わってしまえば身長を伸ばすことはできませんので、しっかりと意識的に改善するようにしてください。

 

起床時間を決定し、その後午前中を中心に朝陽を浴びる時間を増やせば、自然と夜寝る時間も早くなりますので、メラトニンをしっかり分泌させて、毎日熟睡するようにしましょう。

 

成長ホルモンがしっかり分泌されれば、将来的な低身長のリスクも軽減しますので、意識的に改善してくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

子供の身長を伸ばすサプリメントランキング!効果・口コミで徹底比較の注目記事を受け取ろう

成長ホルモンの分泌量を増やす規則正しい生活リズムとは?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

子供の身長を伸ばすサプリメントランキング!効果・口コミで徹底比較の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 亜鉛不足で身長が伸びない?体の成長に与える影響や摂取量は?

  • 子供の背を伸ばすために必要な栄養素の種類と推奨摂取量を紹介!

  • 夏休みに身長を伸ばす方法は?【小学生・中学生必見】

  • 中学生女子が身長を伸ばす方法│目指せモデル体型

  • 20歳以上の大人でも身長が伸びる方法や可能性を徹底検証!

  • 樽のモデルとアミノ酸スコアによるタンパク質の摂取方法は?