1. TOP
  2. 背が伸びる方法
  3. 背が伸びるには何が必要?日本人の低身長化が止まらない原因は?

背が伸びるには何が必要?日本人の低身長化が止まらない原因は?

背が伸びるには何が必要?日本人の低身長化が止まらない原因は?

成長期の子供の背が伸びるには、何が必要で何が重要なのかを知っていますか?

 

ここ10年ほどで日本人の平均身長が男性も女性も低身長化し、どんどん背が伸びにくい時代に突入しています。

 

低身長の原因を改善することで、

少しでも背が伸びるような環境や状況を作ってあげることが、今の時代の子育てで非常に大切なことですよ。

子供の背が伸びない原因は遺伝だけではない

両親が背が低いと子供も背が低い。

たしかにそういった傾向があることは否定できませんが、必ず背が低いということでもなく、背が高い両親から生まれた子供でも背が低く伸び悩んでしまうこともあります。

 

医学的に身長の高さに対する遺伝的要素は、23〜25%程しかないと言われていますので、遺伝以外の要素のほうが身長の高さに影響を与えます。

 

日本人の平均身長が伸び悩んでいるのは、遺伝以外の要素がどんどん悪化して、子供の背が伸びにくい時代に突入しているということを理解しましょう。

 

あなたのお子様が背が低いなら、

背が伸びるために必要な環境を用意することができていないということですので、今すぐに見直す必要があるということ。

 

平均的な生活を送っているのでは背が伸びない時代ですので、そのことを理解して少しでも背が伸びるような環境に改善してあげましょう。

背が伸びるには睡眠時間が必要、慢性的な睡眠不足を改善しよう

日本人の睡眠時間はどんどん減少し、

3歳位の小さな子供でも夜10時すぎまで起きていたり、街で見かけることが増えてきたと思いませんか?

 

日本のことわざに「寝る子は育つ」というものがありますが、慢性的な睡眠不足が続いている子供と、毎日熟睡している子供では身長の伸びに違いが出ます。

 

小学校低学年の子供の睡眠時間が8時間だとすると、これは短いと思いますか?それともこれで十分だと思いますか?

 

小学校低学年の子供の推奨睡眠時間は10時間前後と言われていますので、明らかに必要な睡眠時間を確保できていないということ。

 

現代の感覚だと十分だと思える時間でも、

実際に子供の背が伸びるために必要な睡眠時間を大きく下回っており、そんな生活習慣で過ごしているから、背が伸びないんです。

 

昔の子供は学校から帰ってきて、外で遊び疲れて8時か9時には寝ていたと思いませんか?

 

現代の子供は学校から帰ってきて、塾や習い事に行き、遅めの夕食を食べて10時や11時に寝たり、親の生活習慣に合わせることで睡眠時間が短くなっている傾向があります。

 

小さな子供は寝ることも大切な仕事、

でも様々な環境要因が睡眠時間を削ってしまい、子供の早熟化を進行させてしまうことで、身長を伸ばすことができる期間を短くしている現状があることを理解しましょう。

背が伸びるには栄養補給ができる食生活への改善が必要

睡眠不足に加えて、幼少期からの慢性的な栄養不足が原因で背が伸びない子供も増えています。

 

最近はテレビでも朝ごはんを食べない子供、

朝ごはんを食べることが出来ない子供が学校で授業前に食べたり、子ども食堂のような支援システムがあることも話題になっていますが、普通の子供も実は栄養不足の状態。

 

幼少期から成長期にかけて背が伸びるためには、良質なタンパク質を大量に摂取する必要がありますが、この20年で日本人全体のタンパク質摂取量が激減していることを知っていますか?

 

実際の摂取量を紹介すると、

 

  • 1950年→68g
  • 1994年→79.7g
  • 2015年→69.1g

 

戦後50年で日本人の平均身長が男性も女性も約10cmも伸びたのは、タンパク質摂取量+総摂取カロリーが増えたから。

 

しかしタンパク質摂取量は、直近の20年で戦後間もない状態とほぼ変わらないレベルに低下し、総摂取カロリーのピークは1970年代前半で、すでに300Kcal以上も減少しています。

 

成長期前の時期は食事での栄養補給が背が伸びるために重要な要素ですし、成長期になっても成長ホルモン+食事での栄養補給は必要なこと。

 

その両方がうまく機能していないので、

日本人の平均身長が伸び悩み、低身長化してしまうというのも仕方がないことなのかもしれないと納得できるでしょう。

 

さらに最近の問題は、インスタント食品や加工食品、冷凍食品などが食卓に溢れている状況です。

日本人に不足しがちなカルシウムが流出するリン酸塩の大量摂取

食事は食べているけど、その食事の質が悪いと子供の成長に明らかに悪影響を与えます。

 

その最たるものが、

インスタント食品や加工食品、冷凍食品など工場で作られる食事や食品が家庭の食卓に侵略してきている現状。

 

日本人と欧米人を比較すると、

日本人は普段飲んでいる水が水道水(軟水)の人が多く、欧米人はミネラルウォーターを常用している人が多い傾向があります。

 

その結果、日本人はミネラル不足になりやすく、特に吸収率の低いカルシウム不足に陥っている人が多いといわれています。

 

カルシウムは骨の石灰化に必要で、

カルシウムが不足すると将来的な骨粗しょう症のリスクを高めたり、健康で丈夫な骨を作れずに、骨折やヒビのリスクを抱えることに。

 

カルシウムの吸収率が最も高い乳製品でも4割ほどしかなく、カルシウムはマグネシウムと2対1の比率で吸収しないと、効率的に骨に沈着しないと言われています。

 

カルシウムの天敵がリン酸塩。

インスタント食品やスナック菓子などには、大量のリン酸塩が含まれており、リン酸塩はカルシウムの排出を促進する作用があると言われている成分。

 

日本人に不足しがちなカルシウムがどんどん排出されるような食生活を送っていれば、健康で丈夫な骨に成長させることもできません。

 

でもインスタント食品や冷凍食品、スナック菓子などは子供の好きな濃い味付けですし、親も手間がかからないのでつい与えてしまいがちですよね。

 

幼稚園の時期からそんな食生活で過ごしていれば、骨の成長に悪影響が出て、背が伸びにくい状態になることも想像できますよね。

 

このように現在の子供は、本当に背が伸びにくい環境で過ごし、日々成長していかなければならないので、低身長化してしまっているんです。

低身長化した日本人の背が伸びるには何が必要なのかの記事まとめ

この記事では子供の背が伸びにくい原因を睡眠習慣と食生活という日々の生活の中でも非常に大きなウエイトを占めている要素について説明してきました。

 

便利な時代だからこそ、

背の高さがそこまで必要とされていないのかもしれませんが、やはりチビよりは背が高い方が良いですよね。

 

背が低いだけで劣等感を感じたり、

いじめやからかいの対象になることもありますし、人生においてメリットよりもデメリットの方が多くなりがちです。

 

まず最初に家庭でできることは、睡眠時間を増やして食事位の質を改善すること。

 

普段の生活習慣が将来的な背の高さや、成長期の身長の伸びを決定しますので、その点を踏まえてしっかり対策を行ってください。

 

今変えなければ、将来的にも低身長が約束されてしまいますので、チビというレッテルを貼られないためにも家庭でできることから取り組んでいきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

子供の身長を伸ばすサプリメントランキング!効果・口コミで徹底比較の注目記事を受け取ろう

背が伸びるには何が必要?日本人の低身長化が止まらない原因は?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

子供の身長を伸ばすサプリメントランキング!効果・口コミで徹底比較の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 子供の低身長の原因と治療方法は?

  • 樽のモデルとアミノ酸スコアによるタンパク質の摂取方法は?

  • 20歳以上の大人でも身長が伸びる方法や可能性を徹底検証!

  • 背が伸びない中学生男子が10cm以上伸ばす方法は?

  • 成長ホルモンの分泌量を増やす規則正しい生活リズムとは?

  • 中学生女子が身長を伸ばす方法│目指せモデル体型